« 2013年3月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年4月

2013年4月 3日 (水)

「福島 六ヶ所 未来への伝言」5月14日横浜で上映します!

《開催日》 2013年5月14日()

《会 場》 スペースオルタ

     (JR新横浜徒歩7分)

《時 間》 

 第1回   上映 pm.1:45~3:30

     監督講演 pm.3:30~4:00

 第2回   上映 pm.6:30~8:15

     監督講演 pm.8:15~8:45

《チケット

 一般 前売り1000円 当日1300円

 学生・障がい者

  前売り800円 当日1000円

高校生以下無料

・注文方法はチラシをダウンロードしてご覧ください。

「rokkasyo_mirai_20130514.pdf」をダウンロード      

 福島県の震災避難者は2年が過ぎても約15万人。原発事故による放射能汚染のレベルによって、警戒区域、帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域、計画的避難区域などと線引きされ、地域社会は崩壊、人間関係も分断されています。

原発事故後、日本政府は年間被ばく線量が100ミリシーベルトでも大丈夫と言い、今は20ミリシーベルトを目安として線引きしていますが、原発事故前からの法律の基準は年間1ミリシーベルトです。福島市や郡山市など人口の多い地域を居住制限区域にしないための「基準緩和」です。

放射性物質や放射線を扱う職業人が、被ばく線量を管理し、飲食が禁止されるような環境で、子どもたちが暮らしています。

一方、青森県六ケ所村には、東京電力を始め、全国の原発から出た使用済み核燃料を受け入れて貯蔵している施設があります。                                                    

     

核燃料サイクル施設と呼ばれていますが、サイクルの要の「再処理工場」は1993年着工、20年を経て完成前にすでにボロボロです。プルトニウム利用でサイクルの輪がつながる見通しはなく、原発敷地内の貯蔵プールに入りきれない使用済み核燃料を保管しているだけです。

「福島 六ケ所 未来への伝言」を制作した島田恵さんは、1986年のチェルノブイリ原発事故後初めて六ヶ所村を訪れ、核燃問題で揺れる村に衝撃を受け取材を始めました。1990年から2002年までは六ヶ所村に住み、多くの写真を発表しています。その島田恵さんが、映像分野で核燃問題を伝えようと、2011年から映画制作に乗り出して完成させたのがこの映画です。

プルトニウムフリーが参加している、ストッププルトニウム神奈川連絡会の主催で、上映会を開催します。

2013年4月 1日 (月)

4/14脱原発市民会議&ハーベストムーン LIVE@スペースオルタ

脱原発を通し、新しい豊かさの実現を志す市民たちが神奈川で集います。

福島現地からも仲間を迎え、市民どうしが「自分の頭で考え、よりよい社会を創るため、互いにエンパワーし合う」場を設けます。

第2回目の今年、プルトニウムフリーも実行委員会に参加しています。

「第2回、脱原発市民会議かながわ & ハーベストムーン LIVE

 H.Phttp://nonukes-kanagawa-harvestmoon.jimdo.com/

 Face Book

 http://www.facebook.com/pages/脱原発市民会議かながわハーベストムーン-LIVE-2013/233251413486550

【日時】2013年4月14日(日) 11:0020:00

414omote_4

【会場】オルタナティブ生活館/スペース・オルタ 

 〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-8-4 新横浜オルタナティブ生活館

 (新横浜駅徒歩7分、東京ガス手前、TEL & FAX : 045-472-6349

【内容】

詳しい時間,内容は上記H.Pをご覧ください。

全館を使って、市民団体の展示ブースフロアーや広河 隆一写真展、無料・映像コーナー、無料講座などを開講し、交流の場を設ける他、地下のスペース・オルタ(席150)では入れ替え制で、以下の催しを開きます。

講座A 11301240「原発を作らせない人々ー祝島から未来へ」

上関原発計画の現状を踏まえ、ジャーナリスト・山秋 真さんのお話を聞きます。

講座B 13101420「福島の土の上でー汚染に向き合い農を営む」

命と作物を育てながら活動し発信を続けてきた大河原夫妻を迎え、お

話を聞きます。

講座C 14401640「おしどりマコ・ケンの脱ってみる?」

ラディカル(根源的)な話芸で、脱 官僚、脱検察、脱記者クラブ、脱既得権益、 脱原発をメッセージします。

★コンサート:「ハーベストムーンLIVE201317152000

参加アーティスト:村山二朗(篠笛)/ナーグシク・ヨシミツ(歌、三線、G)/カテリーナ(歌、バンドゥーラ)/朴保BAND(メッセージロック)他

参加料金

 ■一日通し券:当日2,500円、前売り2,000

 ■講座ACそれぞれ:当日1,000円(入れ替え制)

    ※障がい者と福島等からの避難者は700

 ■コンサートのみ:当日・前売りとも2,000

414ura_4

【主催】脱原発市民会議かながわ2013実行委員会

参加団体:勇気野菜プロジェクト/東林間放射能測定室/HANET(非暴力アクションネット)/保養ネット・よこはま/上関どうするネット/NPO法人WE21ジャパン 

NPO法人まいんどくらぶ/プルトニウムフリーコミニケーション神奈川/放射能から子どもたちと未来を守る会/スペース・オルタ/チェルノブイリ子ども基金横浜 /電気代不払いプロジェクト/地球の子ども新聞/ドキュメンタリー映画会「ソラmaチッタ」他  

後援:生活クラブ生協神奈川

連絡先:脱原発市民会議かながわ事務局 

佐藤真起( TEL & FAX045-472-6349)

222-0033 横浜市港北区新横浜2-8-4 オルタナティブ生活館B1

スペース・オルタ気付け

  E-mailmaoki(あっと)k4.dion.ne.jp

  (あっと)を@に置き換えてください。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年7月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック