« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

ピースサイクルに託して要望書を提出

 ピースサイクルは、平和や脱原発の想いなどを市民や市民団体、自治体等から

 ピースメッセージを預かって、到着地のオキナワ・ヒロシマ・ナガサキ・六ヶ所に

 届けています。

 そのために、地域での交流会や自治体訪問などを重ね、原発や基地等への申し入れ

 行動を重ねています。

 今年の六ヶ所村へのピースサイクルは8月16日に茨城県東海村を出発、8月26日に

 青森県などに要請をしました。

 プルトニウムフリーコミニケーション神奈川からはピースサイクルに青森県、六ヶ所村、日本原燃に

 対する「福島原発事故を受け、核燃料サイクルからの撤退を求める要望書」を託しました。

 

青森県には次の行動を起こすことを要望しました。 

1. 青森県として、今後、核燃料サイクルから撤退する方針を表明すること。 

2. 使用済み核燃料の再処理、核燃料サイクル計画をすべて中止することを、政府、電力業界、日本原燃に対して要望すること。 

3. 東通原発の廃炉、大間原発の建設中止を政府及び事業者に対して要望すること。 

4. すでに発生した高レベル放射性廃液を固化体に成型する技術を、国産技術にこだわらず速やかに確立するよう政府及び日本原燃()に要望すること。 

5. 「再処理」や「直接処分」に代わる、使用済み核燃料の処理方法として、「長期貯蔵管理」を政府に提案し、むつリサイクル燃料貯蔵施設を長期貯蔵管理のモデル施設として位置付けるように政府に要望すること。 

6. 現在プールで貯蔵されている使用済み核燃料を乾式貯蔵に切り替えることとし、どこでだれが長期貯蔵管理を行うのかについては国民的な議論で決めるように政府に要望すること。 

青森県知事あての要望書の全文はこちら

「2013_aomiri_ken.pdf」をダウンロード

六ヶ所村長あての要望書全文はこちら

「2013_rokkasyo_mura.pdf」をダウンロード

日本原燃社長あての要望書全文はこちら

「2013_nihon_gennen.pdf」をダウンロード

2013年8月26日 (月)

環境省 放射性物質の常時監視に関する検討会 傍聴しました

大気汚染防止法及び水質汚濁防止法が改正され、環境大臣が放射性物質による大気の汚染の状況並びに公共用水域及び地下水の水質の汚濁の状況を常時監視及び公表することとされたことを踏まえ、環境省の委託により、常時監視のあり方について検討を行うことを目的とした、「放射性物質の常時監視に関する検討会」が設置されました。

 

第1回検討会が8月23日に開催されましたので、簡単に報告します。

当日の配布資料や議事録はまだ公開されていないようです。

2013年8月23日(金)15:00~17:00
イイノホール&カンフアレンスセンター RoomB1+B2+B3

議 題は

1.検討会の設置について
2.放射性物質の常時監視の在り方について
3.その他

今後の検討スケジュールは

平成25年9月24日 第2回検討会
  放射性物質による大気汚染及び水質汚濁に係る常時監視の在り方 (素案)の検討

(平成25年10月頃 パブリツクコメントの実施)

平成25年11月中下旬 第3回検討会
  パブリックコメントの結果を踏まえた放射性物質による大気汚染及び水質汚濁に係る

 常時監視の在り方 (案)の検討

(平成25年l2月 改正大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の施行)

配布資料の一部をスキャンしたので、ダウンロードできるようにします。

検討会では、大気と水質の監視についてと河川などの底泥の取り扱いについては議論されていましたが、全く触れられていなかったのが生物試料の監視です。食用ではない生物試料の測定は環境省の仕事だと思いますけど。

生物濃縮を監視するつもりはないということでしょうか? 

 

議事次第

「20130823_gijisidai.jpg」をダウンロード

(資料1)放射性物質の常時監視に関する検討会 検討委員名簿

「20130823_siryo1_meibo.jpg」をダウンロード

(資料2)放射性物質の常時監視に関する検討会設置要領

「20130823_siryo2_youryo.jpg」をダウンロード

(資料6)今後の検討スケジュール

「20130823_siryo6_schedule.jpg」をダウンロード

2013年8月25日 (日)

神奈川県知事への提言

ストッププルトニウム神奈川連絡会では、一昨年5月23日、昨年7月9日、神奈川県知事あてに2011年311日に発生した東日本大震災とそれに連動した福島第一原発事故を契機とした神奈川における原子力防災の体制等について提言を行ってきました。

 

震災と原発事故から2年余りが経過した今年8月21日、新たな情報を加えて第3回目の提言を提出しました。

窓口対応は、神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課危機管理対策グループです。原子力防災対策のほかに、放射能汚染や健康管理など様々な分野の提言を提出していますので、それぞれの担当部署に伝えていただくということでお約束しています。

2013年の提言

「20130821_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

2012年の提言

「20120709_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

2011年の提言

「20110523_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック