« 環境省 放射性物質の常時監視に関する検討会 傍聴しました | トップページ | 子ども・被災者支援法基本方針説明会 »

2013年8月31日 (土)

ピースサイクルに託して要望書を提出

 ピースサイクルは、平和や脱原発の想いなどを市民や市民団体、自治体等から

 ピースメッセージを預かって、到着地のオキナワ・ヒロシマ・ナガサキ・六ヶ所に

 届けています。

 そのために、地域での交流会や自治体訪問などを重ね、原発や基地等への申し入れ

 行動を重ねています。

 今年の六ヶ所村へのピースサイクルは8月16日に茨城県東海村を出発、8月26日に

 青森県などに要請をしました。

 プルトニウムフリーコミニケーション神奈川からはピースサイクルに青森県、六ヶ所村、日本原燃に

 対する「福島原発事故を受け、核燃料サイクルからの撤退を求める要望書」を託しました。

 

青森県には次の行動を起こすことを要望しました。 

1. 青森県として、今後、核燃料サイクルから撤退する方針を表明すること。 

2. 使用済み核燃料の再処理、核燃料サイクル計画をすべて中止することを、政府、電力業界、日本原燃に対して要望すること。 

3. 東通原発の廃炉、大間原発の建設中止を政府及び事業者に対して要望すること。 

4. すでに発生した高レベル放射性廃液を固化体に成型する技術を、国産技術にこだわらず速やかに確立するよう政府及び日本原燃()に要望すること。 

5. 「再処理」や「直接処分」に代わる、使用済み核燃料の処理方法として、「長期貯蔵管理」を政府に提案し、むつリサイクル燃料貯蔵施設を長期貯蔵管理のモデル施設として位置付けるように政府に要望すること。 

6. 現在プールで貯蔵されている使用済み核燃料を乾式貯蔵に切り替えることとし、どこでだれが長期貯蔵管理を行うのかについては国民的な議論で決めるように政府に要望すること。 

青森県知事あての要望書の全文はこちら

「2013_aomiri_ken.pdf」をダウンロード

六ヶ所村長あての要望書全文はこちら

「2013_rokkasyo_mura.pdf」をダウンロード

日本原燃社長あての要望書全文はこちら

「2013_nihon_gennen.pdf」をダウンロード

« 環境省 放射性物質の常時監視に関する検討会 傍聴しました | トップページ | 子ども・被災者支援法基本方針説明会 »

【情報】核燃料サイクル」カテゴリの記事

【行動しよう】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586858/58271565

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクルに託して要望書を提出:

« 環境省 放射性物質の常時監視に関する検討会 傍聴しました | トップページ | 子ども・被災者支援法基本方針説明会 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック