【情報】

2013年11月 6日 (水)

放射性物質の常時監視に関するパブコメ提出しました

6月21日、大気汚染防止法及び水質汚濁防止法が改正され、放射性物質による大気の汚染や水質の汚濁の状況については他の化学物質などとは異なり“都道府県知事ではなく”「環境大臣」が常時監視し、その状況を公表することとされました。

その常時監視をどのように行うのか、検討会の素案が公表されパブリックコメントが10月8日から30日まで実施されました。

環境省のパブコメ関係の資料は以下でダウンロードできます。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195130046&Mode=0

パブコメ募集のメイン

「放射性物質の常時監視に関する検討会報告書(素案)」はこちら

「houkokusyosoan.pdf」をダウンロード

この素案に対して提出した意見はこちら

「joujikanshi_iken.pdf」をダウンロード

提出意見のポイントは、

○他の有害物質規制と同様に一般環境に拡散した放射性物質について、汚染されたものを扱う施設を特定施設として指定し、環境基準を定めて、これまで実施されている自治体による環境規制行政と同様に位置づけることを求める。

○モニタリングは福島原発事故後に福島周辺で実施されている手法を拡大する。従来の環境汚染の常時監視の手法では不十分。

詳細は全文をダウンロードしてご覧ください。

*第3回検討会が11月22日に開催されます。

パブコメの結果を報告し、検討会報告書(案)が検討されます。

 

【平成25l2月 改正大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の施行】にむけた、最終確認の会議です。

環境省のお知らせページはこちら

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17341

傍聴の申し込み方法や過去の会議のリンク先が載っています。

 

2013年10月 1日 (火)

プルトニウムフリーのニュースレター「さよなら原発! さよなら空母!」バックナンバー2013年4月から9月

プルトニウムフリーコミニケーション神奈川が発行しているニュースレターのバックナンバー(2013年の4月から2013年9月までの3号分)をご紹介します。

お手数ですが、ダウンロードしてご覧ください。

第7号 2013年4月4日発行

「pufree_news007_20130404.pdf」をダウンロード

第8号 2013年7月6日発行

「pufree_news008_20130706.pdf」をダウンロード

第9号 2013年9月27日発行

「pufree_news009_20130927.pdf」をダウンロード

2013年8月26日 (月)

環境省 放射性物質の常時監視に関する検討会 傍聴しました

大気汚染防止法及び水質汚濁防止法が改正され、環境大臣が放射性物質による大気の汚染の状況並びに公共用水域及び地下水の水質の汚濁の状況を常時監視及び公表することとされたことを踏まえ、環境省の委託により、常時監視のあり方について検討を行うことを目的とした、「放射性物質の常時監視に関する検討会」が設置されました。

 

第1回検討会が8月23日に開催されましたので、簡単に報告します。

当日の配布資料や議事録はまだ公開されていないようです。

2013年8月23日(金)15:00~17:00
イイノホール&カンフアレンスセンター RoomB1+B2+B3

議 題は

1.検討会の設置について
2.放射性物質の常時監視の在り方について
3.その他

今後の検討スケジュールは

平成25年9月24日 第2回検討会
  放射性物質による大気汚染及び水質汚濁に係る常時監視の在り方 (素案)の検討

(平成25年10月頃 パブリツクコメントの実施)

平成25年11月中下旬 第3回検討会
  パブリックコメントの結果を踏まえた放射性物質による大気汚染及び水質汚濁に係る

 常時監視の在り方 (案)の検討

(平成25年l2月 改正大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の施行)

配布資料の一部をスキャンしたので、ダウンロードできるようにします。

検討会では、大気と水質の監視についてと河川などの底泥の取り扱いについては議論されていましたが、全く触れられていなかったのが生物試料の監視です。食用ではない生物試料の測定は環境省の仕事だと思いますけど。

生物濃縮を監視するつもりはないということでしょうか? 

 

議事次第

「20130823_gijisidai.jpg」をダウンロード

(資料1)放射性物質の常時監視に関する検討会 検討委員名簿

「20130823_siryo1_meibo.jpg」をダウンロード

(資料2)放射性物質の常時監視に関する検討会設置要領

「20130823_siryo2_youryo.jpg」をダウンロード

(資料6)今後の検討スケジュール

「20130823_siryo6_schedule.jpg」をダウンロード

2013年8月25日 (日)

神奈川県知事への提言

ストッププルトニウム神奈川連絡会では、一昨年5月23日、昨年7月9日、神奈川県知事あてに2011年311日に発生した東日本大震災とそれに連動した福島第一原発事故を契機とした神奈川における原子力防災の体制等について提言を行ってきました。

 

震災と原発事故から2年余りが経過した今年8月21日、新たな情報を加えて第3回目の提言を提出しました。

窓口対応は、神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課危機管理対策グループです。原子力防災対策のほかに、放射能汚染や健康管理など様々な分野の提言を提出していますので、それぞれの担当部署に伝えていただくということでお約束しています。

2013年の提言

「20130821_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

2012年の提言

「20120709_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

2011年の提言

「20110523_stop_pu_teigen.PDF」をダウンロード

2013年4月 1日 (月)

4/14脱原発市民会議&ハーベストムーン LIVE@スペースオルタ

脱原発を通し、新しい豊かさの実現を志す市民たちが神奈川で集います。

福島現地からも仲間を迎え、市民どうしが「自分の頭で考え、よりよい社会を創るため、互いにエンパワーし合う」場を設けます。

第2回目の今年、プルトニウムフリーも実行委員会に参加しています。

「第2回、脱原発市民会議かながわ & ハーベストムーン LIVE

 H.Phttp://nonukes-kanagawa-harvestmoon.jimdo.com/

 Face Book

 http://www.facebook.com/pages/脱原発市民会議かながわハーベストムーン-LIVE-2013/233251413486550

【日時】2013年4月14日(日) 11:0020:00

414omote_4

【会場】オルタナティブ生活館/スペース・オルタ 

 〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-8-4 新横浜オルタナティブ生活館

 (新横浜駅徒歩7分、東京ガス手前、TEL & FAX : 045-472-6349

【内容】

詳しい時間,内容は上記H.Pをご覧ください。

全館を使って、市民団体の展示ブースフロアーや広河 隆一写真展、無料・映像コーナー、無料講座などを開講し、交流の場を設ける他、地下のスペース・オルタ(席150)では入れ替え制で、以下の催しを開きます。

講座A 11301240「原発を作らせない人々ー祝島から未来へ」

上関原発計画の現状を踏まえ、ジャーナリスト・山秋 真さんのお話を聞きます。

講座B 13101420「福島の土の上でー汚染に向き合い農を営む」

命と作物を育てながら活動し発信を続けてきた大河原夫妻を迎え、お

話を聞きます。

講座C 14401640「おしどりマコ・ケンの脱ってみる?」

ラディカル(根源的)な話芸で、脱 官僚、脱検察、脱記者クラブ、脱既得権益、 脱原発をメッセージします。

★コンサート:「ハーベストムーンLIVE201317152000

参加アーティスト:村山二朗(篠笛)/ナーグシク・ヨシミツ(歌、三線、G)/カテリーナ(歌、バンドゥーラ)/朴保BAND(メッセージロック)他

参加料金

 ■一日通し券:当日2,500円、前売り2,000

 ■講座ACそれぞれ:当日1,000円(入れ替え制)

    ※障がい者と福島等からの避難者は700

 ■コンサートのみ:当日・前売りとも2,000

414ura_4

【主催】脱原発市民会議かながわ2013実行委員会

参加団体:勇気野菜プロジェクト/東林間放射能測定室/HANET(非暴力アクションネット)/保養ネット・よこはま/上関どうするネット/NPO法人WE21ジャパン 

NPO法人まいんどくらぶ/プルトニウムフリーコミニケーション神奈川/放射能から子どもたちと未来を守る会/スペース・オルタ/チェルノブイリ子ども基金横浜 /電気代不払いプロジェクト/地球の子ども新聞/ドキュメンタリー映画会「ソラmaチッタ」他  

後援:生活クラブ生協神奈川

連絡先:脱原発市民会議かながわ事務局 

佐藤真起( TEL & FAX045-472-6349)

222-0033 横浜市港北区新横浜2-8-4 オルタナティブ生活館B1

スペース・オルタ気付け

  E-mailmaoki(あっと)k4.dion.ne.jp

  (あっと)を@に置き換えてください。

2013年3月31日 (日)

プルトニウムフリーのニュースレター「さよなら原発! さよなら空母!」バックナンバー公開

プルトニウムフリーコミニケーション神奈川が発行しているニュースレターのバックナンバー(2012年の準備号から2013年3月まで)をご紹介します。

お手数ですが、ダウンロードしてご覧ください。

準備号(2012年2月26日発行)

「pufree_news000_20120226.pdf」をダウンロード

第1号(2012年4月27日発行)

「pufree_news001_20120427.pdf」をダウンロード

第2号(2012年6月30日発行)

「pufreenews002_20120630.pdf」をダウンロード

第3号(2012年9月30日発行)

「pufree_news003_20120930.pdf」をダウンロード

第4号(2012年11月6日発行)

「pufree_news004_20121106.pdf」をダウンロード

第5号(2013年1月8日発行)

「pufree_news005_20130108.pdf」をダウンロード

第6号(2013年2月26日発行)

「pufree_news006_20130226.pdf」をダウンロード

 

2013年2月11日 (月)

原子力防災指針(改訂原案)に意見を書こう!

原子力規制委員会はすごい勢いで新しい「安全基準」づくりを進めています。

原子力災害対策指針(改定原案)に対する意見募集(パブリックコメント)を現在実施中。

募集期間はわずか2週間で、締め切りが2月12日に迫っています。

もたもたしているうちに遅くなってしまったのですが、やっと提出したので、私の出したパブコメをご紹介します。

「原子力災害対策指針」って何と思われそうですが、自治体が原子力防災計画を作る時の下敷きになるものです。

ほとんどの自治体が、国が作った指針を丸写しして、頭に自分の自治体の名前をかぶせるだけなので、もしもの時は直接住民が影響を受けることになります。

私の提出意見は

「gensiryoku_bousai_iken.pdf」をダウンロード

参考にしたのはこちら

http://homepage3.nifty.com/ksueda/bousaisisin.html#201302

原子力規制委員会の動きを一番フォローしているのはこちら

動画配信やパブコメの簡単な記載例などもいろいろ載っています。

http://kiseikanshishimin.jimdo.com/

ダウンロードしなくても読めるように、本文中にも貼り付けておきます。「続きを読む」をチェックしてください。

続きを読む "原子力防災指針(改訂原案)に意見を書こう!" »

2012年12月 3日 (月)

12月16日(日)を脱原発実現への第一歩に!

いろいろな情報をご紹介します。中身を見て投票や応援の参考にしてください。

 

 

 

【脱原発総選挙】入口はこちら http://miraisenkyo.wordpress.com/

 

・脱原発つうしんぼの全国版【エコ議員つうしんぼ】

 

 衆議院総選挙のページへのリンク http://www.giintsushinbo.com/

 

・国会活動から見た脱原発度の評価リストと原発推進議員リスト

 

・政党の比較や地元の情報など

 

 

 

【脱原発総選挙かながわ】 http://611kanagawa.org/

 

●「脱原発総選挙かながわ」独自の質問としてTPP・オスプレイ・候補者の重点政策の3点を聞きました。

 

●アンケート結果は脱原発つうしんぼの採点結果と併せて掲載しています。

 

●神奈川県の有権者の皆さんは投票の際の判断材料にしてください。

 

 

 

【脱原発法制定全国ネットワーク】

 

2012年衆議院議員選挙の候補者・政党に対して、「脱原発基本法案」についての賛否を問いました。

 

http://www.datsugenpatsu.org/2012shugiin/

 

 

 

*「脱原発基本法案」は超党派の議員により2012年9月7日に衆議院に提出され、現在継続審議になっています。

 

*回答結果は、以下の4つに分けて、選挙区・ブロックごとに表示

 

 賛成(脱原発)

 反対(原発推進)

 回答無し(原発推進ないし原発黙認)

 その他

 

 

【総選挙で、グッバイ原発】 http://vote4it.info/

  

 

■有権者に対する働きかけ
【原発にNO! 選挙にGO!~グリーンピース】

 

 http://www.greenpeace.org/japan/senkyo2012/

 

 プラカードやぬり絵をダウンロードできます。

 

【脱原発総選挙】ステップ2

 

・選挙に行こうポスターの提供、掲示の呼びかけ
 http://miraisenkyo.wordpress.com/2012/11/17/poster/
・選挙割引の実施 http://miraisenkyo.wordpress.com/2012/10/30/wari/
・「期日前投票に行って、写メをとって自慢しよう!」などもやりたい!

 

 

 

■イベントに参加しよう

 

Nuclear Free Now12/15-16@郡山&日比谷

 

 http://npfree.jp/index.html

 

・12月15日~17日にかけて、日本政府と国際原子力機関(IAEA)が「原子力安全・福島閣僚会議」を福島県郡山市で開催します。これに合わせて、12月15~16日に日比谷と郡山で「Nuclear Free Now」開催されます。

 

 参加・協力するには?

  ボランティアや賛同金の情報、会議の概要資料などを載せたページができました。 http://npfree.jp/howto.html

 

Nuclear Free Now【脱原発世界会議2】@日比谷

  http://npfree.jp/global-conference2.html

 

 日付 20121215()-16()

 会場 東商ホール、イイノカンファレンスセンター(ルームA)(日比谷)

 テーマ及び国際ゲスト

 A.原子力を規制する

 ポール・ガンター アメリカ原子炉専門家。 

B.チェルノブイリに学ぶ

 アレクセイ・ヤブロコフロシア ロシア科学アカデミー。

  『チェルノブイリ 大惨事が人々と環境に与えた影響』編著者

 アンゲリーナ・ニャーグ ウクライナ「チェルノブイリの医師」協会

C.脱原発社会のつくり方

 キム・へジョン 韓国環境運動連動/FoE韓国

 アンドレイ・オザロフスキー リトアニア国民投票運動

 モニカ・ゾッペ イタリア国民投票運動

 

 ミランダ・シュラーズ ドイツベルリン自由大学。独エネルギー倫理委員会メンバー  ほか多数
 これらのゲストは12月14日(金)に福島視察を行うほか、一部は12月15日~16日(土日)に郡山で行われる行事(脱原発をめざす首長会議やフクシマ・アクション・プロジェクト)にも参加します。

 

 チケットの販売を開始しました。横浜の世界会議に比べて会場規模が小さいので、今回は「セッションごとの券(セッション券)」を中心に売り出しています。(完全にオンラインでできます。クレジットカード決済にすればコンビニに足を運ぶ必要もありません)

 

・【さよなら原発世界大集会】&【世界大行進】

 http://npfree.jp/sayonara.htmlhttp://npfree.jp/koshin.html

 

 日付 20121215() 13:0014:15 14:30『世界大行進』出発

 

 場所 東京・日比谷野外音楽堂 地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」

 

 *選挙はお祭り! 脱原発ムードを盛り上げよう!

 

 

 

■都知事選
・人にやさしい東京をつくる会
http://utsunomiyakenji.com/
・宇都宮健司勝手連情報
http://utsukatte.blog.fc2.com/

 

 

■公職選挙法違反にならないために

 

 ≪告示日以降にできる事≫

 

参考までに、個人または勝手連(一時的・非組織的なグループ)が公選法に違反せず選挙に関わる方法のサイトをご紹介。

 

http://members3.jcom.home.ne.jp/dgsmessengers/houhou.html

 

抜粋

 

「選挙で脱原発の人を当選させるための切り札となり、それでいて誰にでもできる、選挙違反にならない方法」を説明します。

 

その方法:みんなで、TwitterFacebookMixyなどのSNS、リアル空間の口コミなどで、次のような呼びかけを日本中に、どんどんがんがん拡散するのです。

 

「今度の選挙は候補者が脱原発かそうでないか、その脱原発度(国民目線度)はどの程度か、よく考えて選んで投票に行きましょう。候補者が脱原発かそうでないかなどのアンケート結果一覧はここにあります。ちなみに私は脱原発の~さんや~党を応援しています」

 

 この文章は原理的に、公職選挙法違反にはなりません。

 

そのことは選挙管理委員会の人に確認済みです。

 

この呼びかけは選挙違反の「投票依頼」ではなく、公職選挙法上合法な「選択依頼」であり、投票依頼以上の威力を発揮することでしょう。

 

 

 

※「誰それに投票してください」はアウトで「誰それを応援しています」はセーフのようです。

 

 

 

「公職選挙法を勉強しよう(動画)」はこちら

 

 http://youtu.be/GJ2mQIbNnNA

 

2012年12月 2日 (日)

12月3日脱原発総選挙かながわ前夜祭!

11月16日の衆議院解散により、第46回衆議院議員総選挙は12月4日に公示され、12月16日が投票日です。

 

自ら暴走老人と言って恥じることの無い石原さんの太陽の党はわずか4日で解党して日本維新の党と合流。原子力推進(核武装のために必要)が持論の石原さんは、11月30日の党首討論で「既存の原発は30年代までにフェードアウト(消滅)する」と掲げた維新の会の政権公約(付属文書)に対する質問に「それは直させる」と発言するありさま。その後、12月2日に橋本さんは民放番組で政権公約の付属文書は「議論のたたき台であり公約ではない」と明言。人気取りの公約を並べただけの橋本さんは暴走老人に押し切られて、政策協定なしのイメージ戦略は完全に破たんしています。

 

一方、脱原発の声を投票という形で示したいと思っていた私には、滋賀県知事の嘉田さんが「日本未来の党」を立ち上げ、本気で脱原発をめざそうとする政党や議員が集まってきたので、やっと、投票先の形が見えてきました。

「国民の生活が第一」が合流したので、マスコミは小沢さんの影響力を強調してダーティーイメージに染めようとしていますが、小沢さんは役職に就けないというきっぱりした態度を示している嘉田さんのクリーンイメージを崩すことはできません。

 

結構、小沢一郎アレルギーの方が多いですが、実力のある政治家なので、その手足を縛るためにずっと裁判を仕掛けられ、それをマスコミが書き立ててダーティーイメージが作り上げられてきたということを指摘しておきます。本気で脱原発を実現するには実力のある政治家の力も必要です。

 

「元祖脱原発の社民党」も応援したいのですが、脱原発票が割れて死に票にならないように「未来の党」と連携してもらいたいです。

 

選挙区で立候補者数の多い共産党には、未来や社民などの脱原発候補がいる選挙区からは候補者をはずして、自民や民主、みんなの党、維新の会などに議席を奪われないように共闘を組んでほしいです。4日が公示ではもう間に合わない可能性が高いでしょうけど…。

 

全国規模で、立候補者の脱原発度をチェックするために「脱原発つうしんぼ」というアンケートが取り組まれています。

神奈川では3.11以後に生まれた脱原発のネットワークを駆使して、県内の選挙区ごとに担当者を決めて立候補予定者の事務所を訪ねました。直接アンケート用紙を配り回収したので、他の県よりも回収率がいいと思います。

 

公示前に公表できるように集計した結果を、「脱原発総選挙かながわ」のサイトで公開しています。各候補者の脱原発度が点数で表示されていますので、ぜひご覧ください。

12月3日の夜6時30分から横浜でアンケート結果の発表会「脱原発総選挙かながわ前夜祭!」を開催します。各選挙区の担当者からの発表の中で、神奈川3区(横浜市鶴見区・神奈川区)は私が報告します。

 

12月3日の前夜祭で「脱原発総選挙かながわ」は解散しますが、ホームページで情報はそのまま閲覧できます。そして、脱原発候補を応援するための「脱原発かながわ勝手連」がスタートします。

 

 

【脱原発総選挙かながわ前夜祭!!

 

日  時:123日(月)1830分から20時半まで

 

場  所:神奈川県民サポートセンター402号室

 

 横浜駅西口徒歩5分(http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/kanagawa.htm

 

主  催:脱原発総選挙かながわ

 

参加費:500

 

内 容

 

第一部 脱原発への大合流「私たちにできること」

 

おはなし 小島敏郎さん(青山学院大学教授)

 

  中沢新一さん(予定)

 

第二部 「脱原発つうしんぼ」発表会「あなたの街の候補者は何点?」

 

 候補者から受け取った「脱原発つうしんぼ」の結果を、各選挙区を回った担当者から発表いたします。

 

連絡先:脱原発総選挙かながわ TEL045-353-9008

 

  Email:611kanagawa@gmail.com

 

 *脱原発総選挙かながわ前夜祭!!中継はこちらから

 

  http://611kanagawa.org/

 

 

 

【脱原発の大合流】よびかけ文はこちら

 

 http://daigouryu.tumblr.com/yobikakebun

 

2012年8月24日 (金)

8.12で決まる未来の原発政策~政府にあなたの意見を伝えよう~【報告】

8.12で決まる未来の原発政策~政府にあなたの意見を伝えよう~≫

日時:8月8日(水)Pm6:30~8:30

会場:かながわ県民活動サポートセンター402号室

主催:8.12で決まる未来の原発政策 http://611kanagawa.org/

国家戦略室の担当者のお話は資料の説明中心で、こちらの質問にはほとんどこたえてもらえませんでしたが、110名の参加者で会議室の席が足りなくなり、「すべての原発を直ちに止めて欲しい」という市民の熱い思いを伝えることができました。 

集会参加者110名の総意によって『 日本政府が「原発ゼロ」シナリオを選択し、直ちにすべての原発を廃炉とすることを求める宣言』を採択し、国家戦略室の担当者その場で手渡しました。

8月13日付で

第1 日本政府が「原発ゼロ」シナリオを選択し、直ちにすべての原発を廃炉とすることを求める宣言

第2 「8.12で決まる未来の原発政策」参加者の意見

第3 「8.12で決まる未来の原発政策」主催者からの提言

を一括した、『8.12で決まる未来の原発政策」主催者からの政策提言』を

 

エネルギー・環境会議

議 長 国家戦略担当大臣 古川元久 様

副議長 経済産業大臣  枝野幸男 様

 環境・原発事故担当大臣 細野豪志 様 あてに提出しました。

 

「seisakuteigen.pdf」をダウンロード

 

録画は IWJ神奈川 http://www.ustream.tv/recorded/24555401

 

 (頭の部分が切れています)

 

≪約9万件のパブコメが政府に届けられ、原発ゼロ希望の意見が圧倒的多数です!≫

政府が示す『3つの選択肢』とは・・・

 2030年までの日本のエネルギーのあり方が、原発の割合ごとに示されています。

【原発ゼロシナリオ】 … 唯一の脱原発シナリオ

 「御意見の概要欄」に『原発ゼロに賛成』と明記し、「御意見及びその理由欄」に「直ちに原発ゼロに」「再稼働反対」など、自由に意見を書こう

【原発15%シナリオ】… 50基すべての原発を動かすシナリオ危険で古い原発に代えて、新増設も必要になります

【原発2025%シナリオ】…将来にわたって、原発50基以上を動かし続ける、原発の新増設を積極的に推進するシナリオ

パブコメは政府が政策決定のために国民に意見を聞く公式な手続きです。

8月12日の締め切りまでに寄せられた意見は「エネルギー環境会議」(国家戦略室)のホームページで順次公開されます。

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック